しろまえ歯科 | インプラント専門サイト
HOME>監修医院

監修医院

院長挨拶
院内イメージ
初診の患者様へ

こんにちは。院長の柴田浩二です。このホームページをご覧になって「しろまえ歯科ってどんなところだろう?」と思われている方や、現在通院いただいている患者さまに少しでもしろまえ歯科について知っていただけたら、と思ってこのページを作成してみました。

笑顔の男の子
院長は「歯医者さん嫌い」の子供だった

今は「歯科医師」という職業につき、ここ尾張旭市で歯科医院を開業しています。でも、実は私は小さい頃、すごく歯医者さんが嫌いだったのです。

私が小さい頃は、今ほど歯科治療技術や器具が発達していなかったせいもあるのでしょう。また、痛みに弱い男の子。一度、どこかの歯医者さんで痛い思いをしてしまったために恐怖体験が植えつけられ、その後はどの歯医者さんに行っても泣き叫んで、治療から逃げてばかりいました。

縁があって歯科医師になることができ、幸いにも「歯科治療」そのものが大好きになれた今、私が小さい頃持っていた「歯医者さん=痛い所=行きたくない」という図式を減らしたい…という思いでいっぱいです。

治療室のイメージ
患者さんの気持ちを最優先に考えたい

「抜きたくなかったのに、勝手に歯を抜かれた」という声を耳にすることがあります。

私自身、色々な患者さまのお口を見ていく中で、「抜いたほうが口内環境としてはよくなるのにな」と思うことがあります。一見健康そうな、まだ抜かなくても良さそうに見える歯でも、後々の周りの歯への影響を考えると、歯科医師という立場上、本当は抜いたほうがよいことがあるのです。

でも、できれば可能な限り自分の歯を残したい…という患者さんの気持ちもよくわかります。
ですので、私は患者さまに、歯を残すことのリスク・メリット・その後の対応方法などをご説明し、その後、残されるにせよ、抜かれるにせよ、患者さまの気持ちを最優先に考えて治療の方針を決めていきたいと思います。

治療のイメージ
院内感染防止に力を入れています。

実は診療報酬には全く関係のない「院内感染防止対策」。実際に実行していくと時間も費用もかなりかかってしまい、医院にとってはかなり負担の大きい作業です。

でも、他の人の血を触ったり、歯を削ったりした器具がそのまま使われていては、患者さまも安心できないのではないでしょうか?
正直、私は小さい頃からそれが気になっていました。

だからしろまえ歯科では、患者さまに触れる治療機器・歯を削る機械は全て滅菌作業を行い、患者さまのお口の中に触れる手袋は全て使い捨てのものを利用しています。

「アットホームで、患者さまと医師の距離が近い歯科医院」
「料金的にも治療方針的にも、患者さまの気持ちを最優先した治療をする歯科医院」

そんな歯科医院になれることを目指して、日々精進していきたいと思います。

趣味

趣味…読書とスキーと将棋でしょうか。

本はノンフィクションのものが好きで、よく読みます。
最近は毎週末…ということができないので、診療がお休みのときに長野によく行きます。

全然強くないので恥ずかしいくらいなのですが、将棋は小さい頃から好きで、ときどき将棋板とにらめっこしています。

診療時間・アクセス
住所 〒488-0818 愛知県尾張旭市向町3-1-1
TEL 0561-51-2100
駐車場 専用駐車場ございます
休診日 木曜午後、日曜、祝日
問い合わせ