尾張旭市のインプラントはしろまえ歯科まで
HOME>インプラントブログ

インプラントブログ

インプラント治療に関しての疑問
インプラント治療は、ブリッジや入れ歯などの治療と違っていろいろと疑問を持たれる方が多いかと思われます。
治療の際の痛みや身体への影響はないのだろうかということですと、重度の骨折を支えるために使われる、骨と結合する性質のあるアレルギーも起こりにくいチタンを使用します。

手術の際は、麻酔をかけて行うので抜歯の時と同程度であるために痛みというものはほとんどありません。
年齢制限や治療後の痛みや腫れといったことや、歯周病の場合でも治療ができるかどうかということですが、年齢の上限はないのですが16歳以上で条件さえ整っていればどなたでも受けることができる治療になります。

治療後の痛みや腫れは人それぞれですが、傷の修復をするための身体の反応でもあり、鎮痛薬や抗生剤を服用して3日程度でおさまってきます。
そして、歯周病になってしまっている場合ですと、インプラント治療は不適応となってしまうのですが、ブラッシング指導や歯石除去といった歯周病治療をきちんと行って完治した状態であれば、インプラントを行うことも可能となってきます。

患者さまのお口の中の状態によっても違ってきますので、インプラント治療に悩まれているようでしたら一度ご相談ください。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
インプラントと他の治療方法と比較してみて
患者さまのお口の中の状態によって、治療方法が変わってくるのですが、インプラント以外の治療方法としてブリッジや入れ歯、総入れ歯があります。
対応できる本数や周りに残っている歯やあごに対しての影響を比較すると、1本から全ての歯を失ってしまった場合においてインプラントは、周りの歯に負担をかけず、失った歯の部分の機能回復がされるので歯茎もやせず自身の歯に近い状態で使用することができます。

数本歯を失った場合ですと、インプラント以外にもブリッジや入れ歯で対応するのですが、周囲の健康であるはずの歯を削らなければならなかったり、留め金や冠を周囲の歯にかける必要があったりして健康な歯に負担がかかるのと、失ってしまった歯の場所の歯茎や骨がやせてきてしまいます。

これは、総入れ歯にしてしまった場合も同じです。
お手入れ方法は、インプラントもブリッジも同じように、ご自身の歯と同様に歯ブラシで歯磨きし、スーパーフロスや歯間ブラシなどできれいにしていきます。

入れ歯や総入れ歯は、義歯を外して洗浄をしていく必要があります。
治療期間としては、インプラントは4か月から1年くらいかかり、メンテナンスとして咬み合せなどのチェックなどをしていきます。

他は2週間から2か月ほどかかりますがその後も調整が必要となってきます。
自分の場合どの方法での治療ができるのか、どの治療方法をしたいのかお悩みでしたら、尾張旭市にあります私どものしろまえ歯科へご相談ください。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
インプラント治療のケース別の治療法
インプラントのケース別治療法として、まず1本の歯を失った場合は、その部分に1本だけインプラントを埋め込みます。
ブリッジの治療のように両サイドの自分自身の健康な歯を削ったりといったことをしなくて済みます。

このインプラントは、食べ物を噛むときに自身の歯でかむのと同じように、歯茎にいい刺激となるので、顎の状態も健康に保つことができます。
次に奥にある歯も含めた複数の歯を失ってしまった場合は、通常は部分入れ歯を用いるというのが通常の治療の仕方でした。

しかし部分入れ歯だと、残っている歯と無くなってしまった歯茎で支えての取り外し式の部分入れ歯ということになるため、歯茎や残った歯への負担があるのと、歯茎がやせ細ったり部分入れ歯の手入れを怠ってしまうと、それによってせっかく残っている歯が虫歯になってしまったりしてぐらついてきてしまいます。

しかし、インプラント治療を行えば、インプラントで支える固定式のブリッジとなるので安定して使用できます。
最後に、全ての歯を失ってしまった場合ですが、通常であれば歯茎で入れ歯を支えるという感じなのですが、インプラントだとヘッドの部分をバータイプで連結させて入れ歯を固定させます。

最近ではインプラントとマグネットを組み合わせた方法もあります。
通常の入れ歯と違い、食事や会話をしている際に入れ歯がずれたり、飛び出したりすることはありません。
インプラント治療でお悩みであれば、尾張旭市にある私どもしろまえ歯科へご相談ください。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
インプラントの治療とはどんなものか
インプラントという言葉を、様々な場面で見聞きしてご存知の方もいるかと思いますが、いろいろな理由で歯が抜け落ちてしまったり、事故などによって前歯をなくしてしまったといった方のために、直接顎の骨に埋め込んでいく治療のことをインプラント治療といいます。

インプラントとは、何かを実際に埋めることを意味しているのですが、整形外科では人工関節を骨に埋め込む治療をしていたりして、医療の世界では多くの実績があります。
歯科においても長い臨床実績がありますので、安心していただけたらと思います。

治療していくにあたって埋め込むインプラントは、最もアレルギーが少ないとされていて、骨と結合する特性を持っているチタンと言われる金属を使用します。
顎の骨に直接固定をするので、差し歯や入れ歯などの歯と違い、取り外しての洗浄やぐらつきといったことを心配する必要がありません。

ただ、治療期間が長期に及んでしまうことと、お口の中の状態によってはインプラント治療ができない場合もあります。
そして、比較的高額の費用が掛かってしまうのですが、見た目も美しいため、患者さまの笑顔も増え、また自身の歯と同じような感覚で食事をすることが可能となります。

安定した噛みあわせを保てるということです。
また、来院した上での定期的なメンテナンスケアをすることにより、数十年保つことが可能となります。
治療に関してお悩みの場合は、一度当院へご相談ください。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
尾張旭市のしろまえ歯科で噛める幸せを実感
尾張旭市にあります私どもしろまえ歯科は、近隣と市からの通院にも便利な場所にある歯科医院になります。
お子さまから大人の方まで、確かな技術力で皆さまの健康になるお手伝いが出来ればと考えております。

いつまでも丈夫な自身の歯で、食事を美味しく食べていただき健康な生活ができるように、安心して治療に専念していただけるような歯科医院を目指しております。
当医院では、小児歯科や歯周病ケア、高度先進医療にも力を注いでおりますが、インプラント治療も専門サイトを設けさせていただき力を入れております。

様々な理由によって前歯をなくしてしまったり、歯が抜け落ちてしまったりといった状態になってしまったという方のために、直接口腔内に埋め込む治療をすることをインプラント治療というのですが、直接埋めるということでいろいろと不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そういった患者さまのためにも、当院ではインプラント治療についての様々な検査や手術、費用、術後についての説明などを、初診でご来院いただいた時に行っていきます。
しっかりとした治療を行っていくためにも、お口の中や顎骨の状態など様々な精密検査を行い、必要に応じて他科での受診や主治医などの情報提供をお願いしております。

検査結果によって治療計画を立て、手術前の処置として歯石除去などを行って、局所麻酔によって手術を行っていきます。
噛みあわせから治療後のメンテナンスまで、しっかり患者さまと向き合って治療を進めて行きます。
どんな些細なことでもいいので、不安やお悩みがありましたら当院へご相談ください。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
6