尾張旭市のインプラントはしろまえ歯科まで
HOME>インプラントブログ

インプラントブログ

インプラントでも歯周病になる危険性があるのです
あまり認知されていないかも知れませんが、インプラントにしても歯周病になってしまうことがあります。
インプラントにすれば、一生虫歯にならずに済む、という安易な考えで治療を受けたとすれば、それは間違いです。

体内に人口のものを入れた場合には、生まれ持った天然のものよりもしっかりとケアをしてゆかなくてはなりません。
自身の歯の場合には、歯根膜が歯と骨とを繋いでいますが、インプラントにはそれがなく、直接骨についています。

炎症が起きた際に、歯根膜があれば炎症を退けてくれますが、インプラントではそれがないため、一気に悪化してしまう可能性があるのです。
インプラントを成功させるために、まず口の中をきちんときれいにしてから、施術を行うことが大切です。
プラークをきちんと取り除き、歯周ポケットをなくした状態からインプラントを行う方法が最善といえます。

インプラントに関してご不明な点などがありましたら、遠慮なく尾張旭市のしろまえ歯科までおたずねください。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
インプラントに向かない状態とは
インプラントは大変に有効で画期的な治療法の1つです。
自身の歯を失ってしまった時に、自分の元の歯に近い義歯を得ることができるのは、この上ない喜びと言えるでしょう。

しかし、中にはインプラントが向かない状態というのもあります。
インプラントが可能かどうかは、まずは顎の状態を精密に調べることが大切です。

不向きの方というのは、歯周病が進行しており歯の周りの骨が失われている場合、骨がすかすかになっている場合、糖尿病や心臓疾患などの症状が重い場合などです。
骨がすかすかというのは、骨粗しょう症などが原因となるものですが、高齢者に多く見られます。

閉経後の女性もホルモンバランスの関係で、骨量が減少している方もおられます。
顎の骨がすかすかでは、インプラントを受け止めて骨の同化を助長させることができません。

ただ、インプラントの技術も日々進化を遂げています。
解決できる場合も多くありますので、まずは尾張旭市のしろまえ歯科にお気軽にご相談いただきたいと思います。
お待ちしております。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
インプラント治療はご納得のうえで
尾張旭市のしろまえ歯科です。
インプラントについては度々そのメリットについてお話させていただきましたが、残念ながら理想通りにはいかなかった症例も中にはあります。

社会問題にもなっていますが、その原因として、多くの歯科医院でインプラントを手がけるようになり、症状を選ばずに患者さまの希望があれば行う、という風潮が出てきてしまったからだと考えられます。
インプラントという歯科的手法は、あらゆる意味でとても前衛的で良い方法と言えます。

余計な歯を削らずに済みますし、入れ歯やブリッジの患者さまにおいては、インプラントだったなら虫歯や歯周病にならなかったのに、というケースも見られます。
歯科医院の立場から、患者さまに無理に勧めることはいたしませんし、十分にご説明した上でご本人に選んでいただくようにしております。

インプラントに関しまして不安な点などがございましたら、治療を行う前に十分におたずねください。
お1人でも多くの患者さまにインプラントの快適さを感じていただきたいと願っております。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科でのインプラント治療とは
そもそもインプラントとは、どんな治療方法なのでしょうか。
初めてその名前を聞く患者様や、興味を持たれている患者様もいらっしゃるかもしれませんので、今日は、詳しくインプラントについてお話します。

辞書でインプラントを調べてみると、欠損あるいは外傷を受けた部位に埋め込むために、人工的に作製した器官、組織の代替物。
または、それを埋め込むこと。
人工関節、義歯、腱、血管などと、記載があります。

ここでは、歯科のインプラントについてお話させていただきます。
インプラントとは、一度失ってしまったご自分の大切な歯の機能を取り戻し、見た目にも天然歯と同等に回復させることができる歯科治療法のことです。

1950年代にスウェーデンのブローネンマルク博士が、チタン金属と骨がしっかりと癒着する事を発見しました。
これが、今日のインプラント治療の基礎となりました。

現在のインプラントとは、人工の歯の根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を作る治療方法です。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
インプラント治療後のメンテナンス
インプラント治療を行った場合、その後も定期的にメンテナンスを行うことが必要不可欠です。
念願のご自分の歯を手に入れられても、日々のメンテナンスを怠ると、インプラント歯肉炎になってしまう場合があります。

そうなると、周囲が炎症し、インプラント周辺の骨が痩せてきて、結果、インプラントがぐらつきだし、天然歯の時と同様に抜かざるを得ない状況になってしまいます。
せっかく、高いお金を払って満足のいく治療をしたはずのインプラントが無駄になってしまわぬよう、日々のメンテナンスを心がけて下さい。

メンテナンスと言っても、なにも面倒なことではありません。
元からあるご自分の歯と同じように、歯ブラシやデンタルフロスを使って念入りに歯磨きを行って下さい。

当院では1か月から3か月に一度来院していただき、口腔内のチェックや清掃を行います。
不安や気になる点がありましたら、お気軽に経験豊富な私ども尾張旭市のしろまえ歯科のスタッフまでお尋ねください。
投稿者 医療法人 しろまえ歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
     
4